digiclue

2024/01/26

ユニファイドコマースとは?注目される理由からオムニチャネルとの違いまで解説

マーケティング

近年「ユニファイドコマース」という言葉が使われるようになってきています。ユニファイドコマースとは一体何かを流通小売業のみなさまに分かりやすく解説していきます。



こんな方におすすめ

  • ネイティブアプリ・LINEミニアプリの開発、導入を検討している方
  • 店舗運営、販促担当、マーケティング担当になられた方



ユニファイドコマースとは

ユニファイドコマースとは、すべての販売チャネル(店舗、オンライン、モバイル)をつなげて一貫した顧客体験を提供する戦略のことです。これにより、顧客の行動や購買データ等を一元管理し、どのチャネルにおいても同じ情報やサービスが提供できるようにします。また、商品の在庫や価格、プロモーションなどをリアルタイムで一元管理できるため、顧客満足度の向上につながり、会社の利益増大に貢献します。

ユニファイドコマースが注目されている理由

現代の消費者は、スマートフォン、PC、店舗といった様々なチャネルを通して買い物をします。これらのチャネル間で一貫性を持たせることで、顧客満足度を高めることができるという考え方から、ユニファイドコマースが注目されています。また、顧客の購買データを一元化することで、よりパーソナライズされたマーケティングも可能となります。

ユニファイドコマースとオムニチャネルの違いとは

ユニファイドコマースとオムニチャネルは、どちらも顧客体験の一貫性を重視する販売戦略ですが、その運用方法や内部的統合において違いがあります。

オムニチャネルは、店舗、ウェブサイト、モバイルアプリなど、各チャネルをそれぞれ独立して運用しつつも、お客様にとっては無理なく繋がりがあるように見えるようにする方法です。これにより、顧客はスムーズにチャネル間を移動し、買い物体験を続けることができます。

一方、ユニファイドコマースは、顧客の情報、在庫、注文、供給などを全てのチャネルと接点で統合し、一元化することを目指します。これにより、顧客はすべてのチャネルで一貫したシームレスな体験を得ることができます。また、リアルタイムの情報更新が可能です。

つまり最大の違いは、オムニチャネルが顧客体験の一貫性を提供するのに対して、ユニファイドコマースではそれに加え、企業として全てのデータを一元化し、より効率的に業務が行える点です。

▼オムニチャネルのコラムはこちら
https://digiclue.jp/columns/omni_channel/

ユニファイドコマースの具体例

  1. 「店舗在庫リアルタイム表示」

    オンラインストアを通じて、特定の店舗で商品の在庫があること、またその数量をリアルタイムで知ることができます。顧客は、購入前に店舗在庫を確認でき、効率的な買い物計画を立てることが可能となります。

  2. 「店頭でのオンライン注文」

    店頭では在庫がないが、オンライン上では在庫がある商品を、店頭でその場でオンライン注文し、自宅に配送するというサービスです。これにより、顧客は必要な商品を確実に手に入れることができます。

  3. 「クリック&コレクト」

    オンラインで商品を購入し、自分が都合の良い実店舗で受け取るというサービスです。配送費用を節約できるだけでなく、自分の予定に合わせて受け取り時間を選べるためより便利です。

以上のようなサービスは、全ての販売チャネルが連携していて初めて実現可能なもので、ユニファイドコマースの具体的な役割を示しています。

ユニファイドコマースを取り組むべき企業とは

  1. 複数チャネルでの販売を行っている企業

    店舗販売、オンライン販売、カタログ販売など複数のチャネルで商品やサービスを提供している企業は、ユニファイドコマースを通じて顧客体験の一貫性を確保し、各チャネル間での情報共有をスムーズにすることができます。

  2. 顧客に合わせた提供を重視する企業

    顧客の個々のニーズに合わせた提供を重視する企業は、ユニファイドコマースを通じて顧客情報を一元管理し、個々の顧客に対するマーケティング活動の効果を高めることができます。

  3. 各チャネル間での在庫管理や価格設定に課題を感じている企業

    ユニファイドコマースは、在庫の最適化や、各チャネル間での価格の一貫性を保つなどの課題解決に役立ちます。

  4. 顧客満足度を向上させたい企業

    一貫した使いやすい体験を提供することで、顧客満足度やリピート率を向上させることができます。

まとめ

ユニファイドコマースは、多様な販売チャネルを通じて一貫した顧客体験を提供するためのアプローチです。このアプローチは、顧客満足度向上や、パーソナライズされたマーケティングといった利点をもたらします。しかし、成功させるためには、適切な技術基盤と顧客の期待を理解することが不可欠となるため、定期的に顧客の情報収集を行うとよいでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

デジクルの各サービスの機能・お見積りや、DXに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。お悩みや課題に合わせてご案内いたします。

資料ダウンロードはこちらから

デジクルの総合資料や、サービスごとの基本機能や活用方法・事例に関するご紹介資料をご覧いただけます。