digiclue

2023/12/26

One to Oneマーケティングとは?手法と事例で解説

マーケティング

One to Oneマーケティングは、個々の顧客属性、趣味嗜好、行動履歴といったデータに合わせたマーケティング戦略を指し、その精度と効果性から近年ますます注目されています。本コラムでは、One to Oneマーケティングの手法や事例を含めて解説していきます。



こんな方におすすめ

  • ネイティブアプリ・LINEミニアプリの開発、導入を検討している方
  • 店舗運営、販促担当、マーケティング担当になられた方



One to Oneマーケティングとは

One to Oneマーケティングは、個々の顧客属性、趣味嗜好、行動履歴といったデータに合わせたマーケティング戦略を指します。従来の一斉型マーケティング手法だけでは、顧客の多様なニーズに対応しきれないという課題から、それぞれの顧客が何を求め、何に関心を持っているのかを深く理解し、それぞれに合わせたメッセージやサービスを提供しようという発想が生まれたのです。それがOne to Oneマーケティングです。

One to Oneマーケティングの手法

顧客データの収集と分析は、One to Oneマーケティングの核心です。これには、顧客データには顧客情報、購買履歴、ウェブサイトでの行動パターンなど、さまざまなデータが含まれます。これらのデータを分析することで、個々の顧客がどのような製品やサービスに興味を持っているのか、また日々の生活の中でどんな問題を抱えているのかなどを理解することが出来ます。ツールとしてはメール、SNS、アプリ、顧客ごとに最適化されたWebページなどが活用されます。

One to Oneマーケティングの事例

具体的にはどのようなものがあるか、スーパーマーケットを例に見ていきましょう。
いくつかのスーパーマーケットでは、ポイントカードを通じて顧客の購入履歴を収集しています。それらのデータを分析することで、顧客が何をよく購入し、どのような商品に興味を示しがちなのかを把握することができます。
次に、この情報を使って、顧客の興味やニーズに合致した情報を提供します。例えば、顧客が定期的に購入している商品がセールになると、メールやアプリを通じてその情報を提供することが可能です。
また、過去の購入履歴から顧客が新鮮な野菜や特定のブランドの商品を好むことがわかった場合、その情報をもとにされたクーポンを提供することも可能です。更には、AI技術を利用して顧客の行動や選好を予測し、その予測に基づいて個々の顧客に合わせた商品レコメンドを行うといった取り組みも進められています。

これらの例が示すように、スーパーマーケットではOne to Oneマーケティングが顧客満足度向上や売上アップを実現するための重要な手段となっています。

まとめ

One to Oneマーケティングは、その精度と効果性から近年ますます注目されています。特にデジタル技術の進化により、大量のデータを高速に処理し、個々に合わせたマーケティング戦略を実行することが可能となりました。ただし、データの収集と利用には個々のプライバシー保護も重要であり、そのバランスをうまく取ることが求められるため、注意しながら取り組みましょう。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

デジクルの各サービスの機能・お見積りや、DXに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。お悩みや課題に合わせてご案内いたします。

資料ダウンロードはこちらから

デジクルの総合資料や、サービスごとの基本機能や活用方法・事例に関するご紹介資料をご覧いただけます。