digiclue

2023/11/26

MAU?DAU??が意味するものとは

マーケティング

マーケティングや販売促進に関わっていると、「MAU」という言葉を目にすることがあるかと思います。ここでは今更聞けないMAUと題して、解説していきます。



こんな方におすすめ

  • ネイティブアプリ・LINEミニアプリの開発、導入を検討している方
  • 店舗運営、販促担当、マーケティング担当になられた方



MAUとは

MAUはMonthly Active Usersを略したもので、「月間アクティブユーザー」と訳され、1ヶ月に一度以上アクションを起こしたユーザーの数を指します。ここでいう「アクション」は、アプリの起動やウェブサイトへの訪問、メールの開封、購入等、製品やサービスの利用行為全般を指します。一般的には「エムエーユー」と呼びます。MAUはウェブサイトやアプリのユーザーエンゲージメント(ユーザーとの関係性の強さ)を測る指標として常に使われます。

MAUはユーザーエンゲージメントを測る指標

それではMAUの数値の大小はどのような状態を表すのでしょうか。
MAUは数値が大きいと、その製品やサービスがユーザーによく使われていると言えます。一方、MAUが少ない、または下がってきていると、ユーザーの利用が減っている、ユーザーの関心が低下している、または競合他社の製品やサービスに取って代わられている可能性があります。こういった傾向を把握するためにMAUを見ていく必要があります。

MAU以外の指標は?

最初にMAUは「月間アクティブユーザー」とご紹介しました。月以外にも週や日など期間を見れる単位がありますよね。そのため、同じようにDAUやWAUという指標もあります。

■DAU(Daily Active Users)

DAUは「日間アクティブユーザー」の略であり、特定の1日で一度以上アクションを起こしたユーザーの数を測定します。MAUと同様、アプリを開いたり、ウェブサイトを訪れたりしたユーザーを含みます。


■WAU(Weekly Active Users):WAUは「週間アクティブユーザー」の略で、一週間に少なくとも一回はアクションを起こしたユーザーの数を示します。

まとめ

今行っているサービスの品質を維持しつつ、新たなユーザーを呼び込みながら既存のユーザーが離れないようにすることが必要です。そのために、MAUないしWAU、DAUを上げていくための施策を行うことが大事です。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

デジクルの各サービスの機能・お見積りや、DXに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。お悩みや課題に合わせてご案内いたします。

資料ダウンロードはこちらから

デジクルの総合資料や、サービスごとの基本機能や活用方法・事例に関するご紹介資料をご覧いただけます。