digiclue

2024/01/16

デジタル会員証とは?企業と利用ユーザーのメリット・デメリットをそれぞれご紹介

マーケティング アプリ活用

近年、紙やプラスチックで発行されているカードのデジタル化が進んできています。本コラムでは、デジタル化された会員証(以下 デジタル会員証)が進んでいる背景や導入のメリット、デメリット等について解説します。



こんな方におすすめ

  • ネイティブアプリ・LINEミニアプリの開発、導入を検討している方
  • 店舗運営、販促担当、マーケティング担当になられた方



デジタル会員証とは

デジタル会員証は、従来の紙やプラスチック製の会員証をデジタル化したもので、スマートフォンやタブレットなどの電子デバイス上で利用することができます。一般的には、会員証を提示することで得られる割引や特典を、デジタル化された形で簡単に利用できるほか、個々のユーザーの利用履歴や購入履歴などの情報を瞬時に見ることが可能です。また、QRコードやバーコードを表示して読み取り、ポイントを累積したり商品を購入することができるものもあります。

デジタル会員証が進んできている背景

大きく3つあげられます。

  1. 工数の削減

    物理的なカードの製作や発行に関わる費用や手間を削減することができます。また、デジタル化することで、カードそのものが不要となるため、環境にも配慮することができます。

  2. データの活用

    デジタル会員証を使用することで、顧客の購入明細や利用状況などの情報をリアルタイムで収集、分析することが可能になり、パーソナライズされたサービスを提供することが簡便になります。

  3. ユーザーの利便性

    ポイントカードがデジタル化されることで、カード自体を持ち歩かなくて済むようになり、お財布のカードも嵩張らずに済みます。また、常に最新の会員情報をユーザー自身で確認したり、特典を得たりすることができるようになります。

デジタル会員証を導入する企業のメリット・デメリット

■メリット
デジタル会員証を導入すると、企業はカード発行に関わる手間やカード制作費用を省くことができます。また、ユーザーのデータをリアルタイムで取得し分析することで、より正確かつ効率的なマーケティング戦略を立てることが可能になります。さらに、デジタル会員証の活用により、企業はユーザーとの関係値を高めることができます。

■デメリット
従来のものと同様にユーザーの個人情報を扱うため、セキュリティの強化やプライバシー対策が必要になります。また、全てのユーザーがテクノロジーに習熟しているわけではなく、一部のユーザーはデジタル会員証の導入に抵抗を感じたり、または理解するのに時間がかかるかもしれません。そのため、ユーザーがデジタル会員証の使用に困った際、適切なサポートを提供できるかが求められます。

デジタル会員証を利用するユーザーのメリット・デメリット

■メリット
デジタル会員証を利用すると、ユーザーは物理的なカードを持ち歩く必要がなくなります。また、特典の情報を即座に取得できるため、より効率的にサービスを活用することが可能です。さらに、スマートフォンを通じてデジタル会員証を管理することで、カードの紛失リスクを低減することができます。

■デメリット
スマートフォンやタブレットなどの電池が切れてしまった場合や通信環境が十分でない場所では、デジタル会員証を提示できないという問題があります。

まとめ

デジタル会員証は、その利便性と効率性から多くの企業とユーザーに受け入れられています。しかし、その導入や利用にあたっては、技術的な問題や利用環境の問題に対する理解と準備が求められます。そのため、具体的な導入を考える際には、これらのメリットとデメリットを丁寧に考慮することが重要です。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

デジクルの各サービスの機能・お見積りや、DXに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。お悩みや課題に合わせてご案内いたします。

資料ダウンロードはこちらから

デジクルの総合資料や、サービスごとの基本機能や活用方法・事例に関するご紹介資料をご覧いただけます。