digiclue

2024/02/06

ナーチャリング(顧客育成)とは?有効な施策や事例を紹介

マーケティング

近年、顧客との関係構築を築くために「ナーチャリング」が重要な鍵となってきています。このページでは「ナーチャリング」について解説していきます。



こんな方におすすめ

  • ネイティブアプリ・LINEミニアプリの開発、導入を検討している方
  • 店舗運営、販促担当、マーケティング担当になられた方



ナーチャリングとは

ナーチャリングとは、リード(潜在顧客)に対して定期的に有益な情報を提供し、それを通じて顧客との関係を深め、買い物に至るまでのプロセスを助けるマーケティング戦略の一つです。ナーチャリングには電子メール、SNS、ブログ記事などさまざまなチャネルが用いられます。

ナーチャリングが重要な理由

ナーチャリングは、顧客との信頼関係を築き、商品やサービスを購入しやすい状況を作ることで、長期的なビジネス成長に寄与します。また、購入段階ではない潜在顧客にも価値あるコンテンツを提供することで、ブランドへの認識や興味を保つことができます。

ナーチャリングに有効な施策

ナーチャリングには、次のような施策が有効です。

  1. パーソナライズされたコンテンツ

    これは、顧客の興味や需要に合った情報や商品を提供することです。このようなアプローチにより、顧客は自分自身やそのニーズが理解され、尊重されていると感じることができます。

  2. シーケンスメール

    これは一連のメールを予め設定し、顧客に定期的に送信する手法です。これにより、ブランドが一定の規則性を持って顧客との接触を保つことができ、既存顧客のエンゲージメントを維持し、潜在顧客を購入検討顧客に促すことができます。

  3. 情報提供

    これは、顧客が興味を持つ可能性があるトピックや情報を提供することで、ブランドと顧客の関係を深化させるものです。

  4. ユーザーセグメンテーション

    これは、顧客を特定のグループまたはセグメントに分け、個々のグループに最適化されたコンテンツやメッセージを提供する行為です。

  5. フォローアップとフィードバック

    顧客からのフィードバックを定期的に求め、それに応じて提供する情報やサービスを改善していくこともナーチャリングにとって重要です。

これらの戦略は顧客との深い関係を築き、顧客のロイヤルティを高めるための方法として有効です。

ナーチャリングのポイント

ナーチャリングを行う際には、以下のポイントが重要です。まず、顧客の行動や嗜好に基づくパーソナライズされたコンテンツの作成、次に、単に商品情報だけでなく、役立つ知識や情報を提供すること、そして最後に、定期的なアプローチを行うことです。

ナーチャリングの事例

ナーチャリングの例として、新商品やセールの情報を定期的にアプリ内のプッシュ通知やLINE公式アカウントで送信する会社があります。また、お客様の購入履歴に基づいて次の購入を提案したり、関連した商品やサービスを案内し、購入検討していただく事例もあります。

まとめ

ナーチャリングは、長期的な顧客関係を築くために重要な戦略です。適切な情報を適切なタイミングで提供することで、潜在顧客を購入顧客へと導くことが可能です。成功するためには、顧客の理解、パーソナライゼーション、そして定期的なコミュニケーションが鍵となります。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

デジクルの各サービスの機能・お見積りや、DXに関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。お悩みや課題に合わせてご案内いたします。

資料ダウンロードはこちらから

デジクルの総合資料や、サービスごとの基本機能や活用方法・事例に関するご紹介資料をご覧いただけます。